スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.51 環境問題とインデックス投資

投資は自己責任でお願い致します。

インデックス投資は世界経済がちょっとづつ大きくなることに掛けた投資法なんです。
資本主義に掛けた、又は人類の生存に掛けた投資法といっても良いと思います。

詳細は過去記事をご参照ください。
No.27 がんばれ人類

さて、未来も世界経済が拡大を続けていくことは当たり前のことであるとメリーは思っています。

が、しかし、世界経済の拡大にブレーキをかけてしまうかもしれない要因もいくつかあります。

石油資源の枯渇、レアメタル不足、食料不足、天変地異などなど。

その中でも近年叫ばれている『環境問題』についてメリーのたわごとを述べたいと思います。


環境問題とは大きく2つに分かれると思っています。

1つは温室効果ガス(二酸化炭素)の排出による地球温暖化問題。

2つ目は人間にとって有害となる環境負荷物質の問題。


今日は地球温暖化問題について。

ここで突然問題です。

一枚10円の再生紙と
一枚5円の普通紙

どちらを買った方がより二酸化炭素の排出が少ないか?

続きを読む »

スポンサーサイト

No.50 日本の産業を考える

投資は自己責任でお願い致します。

前回の記事で紹介した日本の今後の産業についてメリーのたわごとを述べたいと思います。
No.49 日本株の比率

これからも中国とインドを中心としたアジアのエマージング諸国が延びます。
これは間違いありません。
その次はアフリカ大陸の時代が来るでしょう。
クリアしなければいけない課題が五万とありますので、たぶん50年かかると思います。

今後大きな荒波に日本は揉まれていきます。
そのうねりの中で日本が比較優位を作っていくことは容易いことではありません。

経済・金融の本に良くでてくる日本の未来像で
「日本はヨーロッパにおけるイギリスの位置を目指せ」
というキーワードを目にします。

今後はバイオと金融で食べて行こうという提案です。

が、金融業界の方々のポジンショントークが入っていると思っています。

ぶっちゃげ、日本人に金融業が向いているとは思えません。

メリーのある意味大好物である野村證券だって、日本では極悪非道のような言われようですが、世界的に見たらなんとジェントルマンなことか。
国民性の違いですね。DNAの違いと言って良いかもしれません。

歴史を遡れば、日本は大きく2種類の民族が移民してきて国を構成したらしいです。

1つは北から渡ってきた縄文人系。
1つは南から渡ってきた弥生人系。
顎がしっかりしていて、ホームベース顔。二重が特徴の縄文人系。
すらっと面長で一重が特徴の弥生人系。

どちらにしても、ユーラシア大陸の端っこに位置する日本。
ここにたどり着いた民族は、
1.未知なるフロンティアを目指して勇猛果敢に獲物と農地を探していた民族。
2.争いに敗れて端へ端へと逃げてきた民族。
に分かれる。が、日本人の大部分は後者である ととあるマンガで読みました(^^;)

メリーも後者と思います。
日本は大陸の端っこでかつ島国となったため、それはそれは特赦な国民性を持っています。

最後は性格と文化が比較優位を作り出せるとメリーは考えています。

まずは性格。

続きを読む »

プロフィール

メリー

Author:メリー
サラリーマンでエンジニアやってます。
投資や経済については全くのシロートですのであしからず。

投資信託(インデックスファンド)に毎月コツコツ積立投資を行っています。将来の夢は経済的独立を果たすことと、現金一括払いで家を買うことです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。